ミシン

私と手芸

 祖母が和裁をしており、母は洋裁で身のまわりには何かと布と糸と針がありました。祖母や母の側で余り布をもらってお人形の洋服を手縫いしていたのが始まりでしょうか。かといって洋裁学校にいったわけでもなく、オリジナルの洋服をつくるのに生地のうえに洋服をのせて鋏をいれるという荒業で恥ずかしげもなく外に着ていっておりましたっけ。就職の面接にもそんな服で出かけてえらくあとから母に叱られました。ウエディングドレスもベールは手作りでしたし、母のウエディングドレスを真似てアレンジしたことも思い出します。

 子育ての間も手編みのセーターなど息子に着せましたが、背中にTRY AGAINなどと刺繍されているのが恥ずかしいようで、あまり着てはくれませんでしたね。破れた夫のジーパンに継あてしたりして、繕い物やリメイクは今でも大好き。ハンドメイドクリエーターの受講をして資格も頂き、手作りオリジナルのブローチをアンティークボタンなどで創作しては自宅の片隅でお売りしています。そのうちショールやバッグ、帽子のセットをと思いますが、いつになりますことやら。

お問合せ